ActiveReports通信

.NET帳票開発ツール ActiveReports の技術情報をお届けします。

データソース

ActiveReports これ知ってる?-第9回:新機能紹介「Lookup関数」-

今回のテーマは11.0Jの新機能「Lookup関数」です。 Lookup関数は、異なるデータセットから値を取得するための関数です。ページレポート/RDLレポートのValueプロパテイの式として使用できます。この関数の強みは「ページレポートでも使える」ことにあります…

ActiveReports これ知ってる?-第8回:新機能紹介「CSVデータソース」-

ActiveReports for .NET 11.0JではレポートのデータソースとしてCSVファイルを利用可能にする「CSVデータソース」が追加されました。 本連載の第3回で紹介した通り、ActiveReportsには今までCSVファイルをデータソースとして使用する独自の機能はありません…

ActiveReports これ知ってる?-第3回:CSVデータソースを使用する方法-

今回はレポートのデータソースにCSVファイルを設定する方法を紹介します。 ActiveReportsにはCSVファイルをデータソースとして使用する独自の機能はありません(※)。このため、CSVからのデータ取得はコード上で独自に行い、DataTable等のオブジェクトに格納…